松倉愛OFFICIAL BLOG

音楽/ハンドメイド/イラスト・写真…etc 貴方の笑顔を作る創作工房。

【松倉愛 OFFICIAL BLOG】

ご来訪ありがとうございます(oゝ艸・)

-笑顔になるためのほんの少しのサプリメント-【創作工房mucco】
https://studiomucco.theshop.jp/
-好きなものを好きなだけ-【待機危険区域-12882-】
https://whz12882.official.ec/

2つの工房を運営する総合芸術作家、松倉愛の公式ブログ。
音楽・ハンドメイド・イラスト・写真……創れるものは何でも創る。

素材・技法はなんでもあり。
「すこしでも貴方が笑ってくれますように。」
ただそれだけを願い、モノを創ります。
ごゆるりとお過ごしくださいませ。

貴方のお気に入りが見つかりますように♪




*応援お願いいたします♪*
↓↓↓ "ρ('-'* ) ポチッとしてくれるとうれしいです♪







♪市販のものに飽きたなら、一度当工房へ♪


文房具

ども、雪の予報のくせに降ってなくて実は少し残念な松倉です。

寒いのは嫌いだけど、雪は好きなの。

で、代替え式。

昨年、2014.12.24から使っていた赤いダイスキンさんが、昨日2015.2.4にラストを迎えました。


フクロウがチャーミングな、赤ダイ(魚見たい)


ゴムバンドないと閉じれないくらい。


さて、次の雑記帳さんはどいつにしようかと悩みに悩みまくり、この方に。


paper blanks  レス・イズ・モア
表紙の所々質感が違ったりして、触り心地の良いノート。
難点はゴムバンドかなぁ。
ダイスキンやモレに比べてちょっと弱い。
ドット方眼好きなので、中身は使うのが楽しみ。

このままでもデザインは完成されてるけど、そのままじゃ私てきに面白くないので、

こいつに、


こいつを





こう!!

偉そうなかわうそさんが可愛すぎる。

このあと中にジョッター仕込んだり、チャーム付けたりと、いじいじしてました。

多分使い切るのに2ヶ月くらい。

今度はどんなノートブックになるだろうか。


よろしくね、黒ノートブックちゃん。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

ども、文具沼およびstationery syndromeから抜け出せそうにない松倉です。


モレスキンにはまってから、とても興味を惹かれた万年筆。
ラミー サファリ。

遂に手を出しました。



ラミーサファリ イエロー EF
ラミーアルスター ブルーグリーン F

…おや?二本。


ここに至るのには長い(ような短いような)話があるのです。

1/11 私は有楽町のロフトのモレスキンアトリエに向かうべく、銀座に向かいました。
当然、銀座に行ったら伊東屋、寄るでしょ←

目の前にはラミーのコーナー。
限定色も置いている…。
アルスターではなく、サファリの限定色のグリーン。
惹かれた。惹かれたが、買わなかった。
悩みに悩んで買わなかった。

そこでは何も買わず、有楽町へ。
モレスキンアトリエ、素敵でした。
沢山の種類のモレスキン達。
もちろんノートだけではなく、その他の商品もあり、特に目を引いたのはiPhoneケース。
…問題はそこにiPhone6用がなかったということ。
沢山の目の保養をして、アトリエを後にし、文具コーナーへ。
そこにも当然ラミーサファリはいた。
今度はサファリのネオンコーラルだ。
惹かれなかったといえば嘘になる。
だがしかし、実物のカラーは目に痛かった。
悩んだ末、断念。

この段階でかなりラミーに誘惑されていました。

そのあと、材料の仕入れも必要だったので、新宿のハンズに。

文具コーナーにつくと、目に入るのは当然万年筆コーナー。
今度はデフォルトカラーのみの取り扱い。

「あぁ、だめだ」

商品の棚から足が動かない。
さて、ツヤ消しの黒にするか
それとも白がいいか。
いやいや、赤も捨てがたい。
何度も何度も他の色に目が移る。

悩みに悩んで、手にしたのはイエローのEF。

ニヤニヤが止まらない。
帰り道に差し掛かり、一緒に出かけていた母とちょっとした駅ナカのバルで一杯。


ビールを飲んで、ほろ酔い気分な私はそのあと近くのアトレで再び文具屋に立ち寄る。


そこにいたのだ、アルスターのブルーグリーンが。
50%offの文字とともに。

「さっきサファリ買ったしな」
「二本買ってもな」
「手持ちもそんなにないし…」

色々な考えが頭をよぎる中、気付いた時にはレシートと、アルスターが手の中に。


…と言う経緯で二本←
インクは今の所イエローにしか入れてないです(。・ω・。)
書き心地はとてもよく、いつもに増して文字を書きたい気分です。
パイロットさんのインクに比べて裏写りも少なくて、使いやすいのが本音。


今私のカバンの中で、黄色いサファリが鎮座しています。

アルスターの方は太さも変わるので、サファリをしばらく使ってからおろしたいと思います!
次のポケモレ開封と合わせようかなぁ(。-_-。)



やりたいことや企みごとは日々膨らんでいきます。
モレスキンに落としつつ、実現して、創作工房muccoらしい年にしていきたいと思うばかりです…(。-_-。)


そんな感じで今日はおしまい。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

ども、最近ガムを噛む率が高くなりました。松倉です。桃味です。

さて、ツイッターには深夜upしたのですが、モレスキンのようなものを作りました。


なぜこうなったか。
昼間は普通にアクセサリーを作っていまして。ひと段落して、ノート達に目がいった。

ノート達とは。
理由をこじつけて収集した予備ノートである。



この中でモレスキンなのは1冊だけという。
ダイスキンやセリスキン、ユザワヤで買った同じテイストのノート、ペーパーブランクス、そしてロディア……。

消化するのに年単位な気がするノート達。
こいつらを見てたらフツフツと創作意欲が湧いてきた。

「あれ?作れるんじゃね?」

コピー用紙を手にし、ひたすら縫う!縫う!縫う!
カルトナージュ用の厚紙を使って表紙を作成!
そして紙をサイズ合わせて切る!切る!切る!

丁寧に貼り付け、完成に至るまでに4時間


ダイスキンとの比較。





モレスキンとの比較。
モレよりちと大きい。
ゴムバンドは裁縫用のあまりで細かったので二本仕様。


上部から。
しおり紐は余っていた無印さんのしおり紐(イエロー)


中身はプリンターがないので、真っ白。


拡張ポケットもしっかり。
窓もつけてみた。
ただ、手元にセロテープや透明テープがなくて普通のマスキングで代用。


布張りの温かみのある作品になりました。
なんでも興味が湧いたら作るのが私です。
製本の知識とかないですが、ここまでやってみました。

このノートはストックの中に仕舞われ、そのうち使うことになると思いますので、使用感はその時にでも。
ちなみに紙の枚数は96枚。
ダイスキンやモレスキンと同じのはず。

休日を利用して、ある程度満足のいくものになりました。
もっとこうすればよかったとか、思うところも多々ありますが、はじめてにしては上出来。

いつかノートも手作りを販売してみたいものです笑

そんな作成録でした。

次回作るときには工程も写真に残しておこうと思います(。-_-。)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

↑このページのトップヘ